エミール・ガレ: ガラスの詩人

Front Cover
創元社, 2004 - 150 pages
ガレは自然に訴えることによって装飾家もまた象徴主義者になりうると主張した。ガレにとって、花はその構造や生命の神秘性によって強烈な暗示力を持ち、人間の表情よりも雄弁に何かを語るものだった。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information