マックス・ヴェーバーとアジアの近代化

Front Cover
講談社, Aug 10, 1998 - East Asia - 288 pages
近代化を探究したマックス・ヴェーバーは、宗教改革を経た禁欲的なプロテスタンティズムが、勤勉に働き資本形成に励む企業家精神を養い資本主義を生んだとした。一方、アジアの神秘主義的な儒教や現世逃避的な仏教は、合理化を求める近代化とは相いれず、日本のみが西欧的な封建制をもったため容易に資本主義を受けいれることができたとする。ヴェーバーの理論でアジアの近代化の問題点を指摘する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information