後醍醐天皇

Front Cover
岩波書店, 2018 - Emperors - 241 pages
「賢才」か、「物狂」か。鎌倉幕府崩壊から南北朝動乱へ、日本社会の大きな転換を引き起こし、『太平記』でも評価の二分する後醍醐天皇。彼がめざした「新政」とは何だったのか?宋学への傾倒、密教との関わり、「無礼講」の実際、そして後世への影響などに目配りしつつ、後醍醐が問うた「天皇」のあり方を読み解く。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information