世界からバナナがなくなるまえに: 食糧危機に立ち向かう科学者たち

Front Cover
青土社, 2017 - 393 pages
米、小麦、砂糖、トウモロコシ、豆、ジャガイモ、ヤシ油、大麦、キャッサバ、ピーナッツ...人間が生きるうえで欠かすことのできない主食作物が、同時多発的な病原菌や害虫の猛威に襲われたとき、わたしたちの食卓はどうなってしまうのか。大規模なアグリビジネスがもたらした悲劇、作物壊滅の危機に立ち向かう科学者の軌跡をたどりながら、いまわたしたちにできることは何か、考える。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information