イデア: 美と芸術の理論のために

Front Cover
平凡社, 2004 - 420 pages
芸術を否定したプラトンの「イデア」概念が、中世・ルネサンス・マニエリスム・古典主義と、様々に姿を変えながら、ヨーロッパの芸術理念の中心を占めるに至る芸術思想のドラマを描く。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information