ガバナンスの機構: 経済組織の学際的研究

Front Cover
ミネルヴァ書房, 2017 - 560 pages
ノーベル賞経済学者O・E・ウィリアムソンの代表三部作の三作目。「取引コストの経済学」を、旧制度経済学、新古典派経済学、組織論、社会学、法学との真摯な対話的考究を通じて精緻化し、新たな組織の科学への飛躍を画した渾身の労作。企業組織をガバナンスの機構と捉えることで、組織と制度を首尾一貫した記述で解析。経営学がややもすれば心理研究に傾斜する近年の風潮に対する真正面からの学問的警鐘の書。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information