帝国と経済発展: 途上国世界の興亡

Front Cover
法政大学出版局, 2011 - 288 pages
戦後アメリカ帝国のもとでの繁栄の時代は終わりを告げ、世界は貧困と衰退の時代に突入した。その歴史的過程を、米国および途上国の開発戦略を軸に検証する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information