材料強度学

Front Cover
丸善, 2008 - 252 pages
機械や構造物が長く安全に機能することは永遠のテーマである。本書は、破損・破壊現象の追求、それらの防止設計を行うための材料強度学の教科書である。豊富な図表やコラムにより、現象や理論を深く理解し、本分野の歴史や意義をおさえることができる。基礎知識となる転位論、線形破壊力学をていねいに解説し、ひいては非線形破壊力学まで言及する。演習問題と解説つき。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information