古代オリンピック

Front Cover
桜井万里子, 橋場弦
岩波書店, Jul 21, 2004 - 221 pages
裸の走者が駆け、戦車が競技場を揺るがす。熱狂する観客、勝利者の頭上の聖なるオリーヴの冠―紀元前八世紀のギリシアから古代ローマ時代に至るまで、実に千二百年近くの命脈を保った古代オリンピック競技会を、最新の考古学・歴史学の成果を踏まえて語る。競技の詳細、会期中の休戦、優勝者の得る利益についてなど、興味深い話題は尽きない。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information