日本語よどこへ行く: 講演とシンポジウム

Front Cover
ことばは社会・文化の移り変わりとともに、その姿を大きく変える。21世紀を目前に控えた現代社会は国際化・情報化がますます進行し、日本語は、いま、第二、第三の変革期にあるという。カタカナことばの氾濫、若者ことばによる世代ギャップ、敬語の乱れ。揺れ続ける日本語のゆくえを探る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information