市場原理が医療を亡ぼす: アメリカの失敗

Front Cover
医学書院, 2004 - 268 pages
頻発する株式会社病院の「犯罪」、財力に基づく凄惨な医療差別...、市場原理の下で、米国医療はどうゆがめられてきたか?!米国の事例を紹介しつつ、「混合診療解禁」、「医療機関経営への株式会社の参入容認」など、医療における「ビジネス・チャンスの創出」を目論む勢力が主導する改革論議に警鐘を鳴らす。これを読まずして医療改革は語れない。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information