ごみとリサイクル

Front Cover
岩波書店, 1990 - Recycling (Waste, etc.) - 247 pages
清掃工場でも焼却しきれない。埋立地も残り少ない。それでもなお増え続ける廃棄物=ごみ。このまま二一世紀の都市は、ごみに埋もれてしまうのか―。ごみ問題の第一人者が、自治体や市民グループのさまざまな試みを最新のデータとともに紹介し、打開策を鮮明に描き出す。ごみ減量の戦略とリサイクル社会への道を考える上で必読の一冊。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information