自負と偏見のイギリス文化: J・オースティンの世界

Front Cover
岩波書店, 2008 - 179 pages
イギリスではオースティンの作品は出版されて以来、その人気が衰えたことはない。一九八〇年代からは、その作品が次々に映像化されるとともに、続編や翻案も書かれ、空前の「オースティン・ブーム」が続いている。イギリス人はなぜオースティンが好きなのか。主要作品を手がかりにイギリス人のユーモア感覚、階級意識、恋愛観を探る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information