知識社会におけるeラーニング

Front Cover
培風館, 2007 - 286 pages
知識社会がやってくる!そんな時代における学習の新しいあり方として、「eラーニング」がある。eラーニングは、マルチメディア・コンテンツによる教材の提示、ネットワーク上での複数の学習者間の相互作用を通した学習活動、コンピュータの計算/推論機能による学習支援、という三つの要素の融合による新しい環境での学習を意味し、地理的に分散した人々によって構成された学習共同体の生産的で自律的な協調的学習活動である。本書では、このeラーニングの理論と実際について、実践例を通して詳しく解説していく。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information