西洋音楽演奏史論序説: ベートーヴェンピアノ・ソナタの演奏史研究

Front Cover
春秋社, 2001 - 552 pages
「作品とは何か」「楽譜と演奏の関係はどうなっているか」...音楽に関わる根本問題を新たな視点から問い直し、これまで十分に論じられてこなかった「演奏」の伝承と変化のありようを鳥瞰しつつ解析を試みた斬新な学際的アプローチ。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information