「通貨」の正体

Front Cover
集英社, 2019 - 221 pages
通貨を通貨たらしめているものは何なのか?国家の威信なのか、金(ゴールド)なのか、あるいは...。脆弱な通貨の「正体」を見極めないまま、世界各国は莫大な財政赤字を積み上げ、金融政策を行っている。通貨への信頼を損なうばかりの政策の、その行き詰まりの先に見えてくるのは自国優先の貿易戦争と恐慌。それを避けるための処方箋とは?世界経済が危険水域に近づくなか、通貨の本質をえぐる必読の書!

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information