レイチェル・カーソン: 「沈黙の春」で地球の叫びを伝えた科学者

Front Cover
偕成社, 1999 - 198 pages
1962年アメリカで出版された一冊の本が、世界中に大きな衝撃を与えた。『沈黙の春』と題されたこの本は、当時広く使用されていた殺虫剤、除草剤、その他の化学物質が、環境や生き物に、世代をこえて影響を与えることを初めて警告したのだ。人類のもっとも重要な課題といえる環境問題の原点として、この本の著者レイチェル・カーソンは「地球の恩人」とも呼ばれている。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information