断交と連帯1945‐1971

Front Cover
張競, 村田雄二郎
岩波書店, 2016 - China - 327 pages
日中戦争終結後、両国の国交は途絶えたが、侵略を悔恨する日本と、反米帝国主義への共闘を呼びかける中国のあいだで連帯感が生まれた。だが文化大革命をめぐって評価がゆれる。激動する国際情勢のなかで文人たちは何に期待を寄せたのか。堀田善衞、謝冰心、梅蘭芳、武田泰淳、巴金、開高健らの作品をとおして、過去と未来が折り重なり築かれていく戦後の日中関係を見る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information