アントニオ・グラムシの思想的境位: 生産者社会の夢・市民社会の現実

Front Cover
社会評論社, 2008 - 254 pages
戦争と殺戮、食糧と資源、貧困と格差、医療危機、社会保障の破綻など、人間の生存をめぐる末期的状況をもたらした市場原理主義。21世紀の世界は新たな危機の時代を歩みはじめた。前世紀の危機の時代に生きたA・グラムシの思想と実践を再審し、今日の「もうひとつの世界」へ向けて、新しい抵抗ヘゲモニーの創造を模索する論集。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information