自立支援の実践知: 阪神・淡路大震災と共同・市民社会

Front Cover
似田貝香門
東信堂, 2008 - Earthquakes - 342 pages
被災者は「語り」支援者はひたすら「聴く」。そして被災者の苦しみと「居合わせた」支援者は自らも受難=受動の様相におかれ、被災者と「共同して」否応なしに自立支援に立ち上がっていく。震災以来12年間に及ぶ支援経験を持つ諸団体に関し、その活動に密着して調査を行ってきた研究者たちが、支援者らの体験に裏づけられた実践知(方法的自覚と思想的発展)を総括した本書は、我が国のボランティア活動発展に向け新たな地平を切り拓いた共同労作である。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information