ヒトラーの国民国家: 強奪・人種戦争・国民的社会主義

Front Cover
岩波書店, Jun 6, 2012 - 361 pages
第一次世界大戦の敗戦とそれに続く「ドイツ革命」による体制崩壊後、疲弊したドイツ国民は、なぜヒトラーの政権獲得を支持したのか。ナチス・ドイツの国民統合は持続的な国民福祉による国家への動員によるものであり、ユダヤ人絶滅・アーリア化(資産強奪)計画はその手段であった。経済的側面から検証したヒトラーによる「国民国家」の真実。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information