ヘロドトスとトゥキュディデス: 歴史学の始まり

Front Cover
山川出版社, 2006 - 189 pages
21世紀の歴史学はどうあるべきか。その答えを、その可能性を、古代ギリシアにさかのぼり、ペルシア戦争、ペロポネソス戦争を見据えた二人の歴史家と対話しながら考えていきたい。のちの歴史家たちが非難したようにヘロドトスはほんとうに「嘘つき」だったのか。史料批判において厳密だったといわれるトゥキュディデスは、ほんとうに「事実」だけを記録したのか。歴史叙述が歴史学へといたる端緒を探る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information