コンピュータネットワーク

Front Cover
共立出版, 1999 - 240 pages
本書は、コンピュータネットワーク関連の技術者および研究開発者を目指し、本分野を学び始める人を対象にコンピュータネットワークの仕組みおよび要素技術の説明を行っている。コンピュータネットワークは進化し続けており、コンピュータネットワークを利用する立場の人たちにも、本書を通じてコンピュータネットワークの基本的な仕組みや基礎的な要素技術を理解することが、利用の指針および新たな利用方法を検討する際に有益な情報を提供することになる。

What people are saying - Write a review

User Review - Flag as inappropriate

【確率過程からのネットワーク・トラフィック入門】
1 章からさまざまな用語が登場する. かんたんな説明はあるが,よみこなすにはかなりの予備知識が必要だろう. しかし,この本の真骨頂は 3 章だろう. 待ち行列の理解のために確率過程の説明からは
いっている. この本にはないが QoS など,通信・ネットワークのふかい理解のためには必要な基礎だが,ネットワーク・アプリケーションを専門とするひとには負荷がおおきい. 1999 年に出版されてから改訂されていないのは,残念ながらニーズがなかったからだろう.
http://www.kanadas.com/weblog/2011/09/post_1637.html
 

Bibliographic information