経験と存在: カントの超越論的哲学の帰趨

Front Cover
東京大学出版会, Jan 15, 2002 - Experience - 303 pages
本書は、「経験と存在」の関わりあるいは「経験と世界」の関わりという、哲学においてたえず問い直されかつ捉え返されつづけてきた問題について、カント哲学を手がかりにしながら考察したものである。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information