汝よさらば: 浮世絵宗次日月抄 3, Volume 3

Front Cover
祥伝社, 2019 - 342 pages
廣澤和之進との果し合いで顎を斬られ、自ら「其方の勝だ」と認めた宗次は、八軒長屋で快復を図る。しかしそこに最愛の女美雪の姿はなかった。代わりに西条家から教養豊かな女性舞が看病に訪れるが、その頃美雪は悲痛なる“決断”を下していた。一方、和之進は藩命を受け、駿岡藩の北条一心斎暗殺に乗り出す。烈しい憎悪が研ぐ打貫流遺恨の剣は、再び宗次に向くか!

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information