ドイツ的大学論

Front Cover
未来社, Feb 15, 2016 - 185 pages
プロイセンが自国の精神復興政策として計画したベルリン大学の開設。フィヒテ、フンボルトらとともに創設に携わったシュライアマハーは、ナショナリズムの熱気のなかで大学の理念をどう構想したのか。ベルリン大学創設200年を経て再発見された大学近代化論の古典。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information