レニングラード封鎖: 飢餓と非情の都市1941‐44

Front Cover
白水社, Feb 25, 2013 - 418 pages
ヒトラーの包囲攻撃に耐えた900日、市民の犠牲者100万人の内、餓死者80万人。ナチス・ドイツの残忍な「人体実験場」と化した大都市が苦悶に喘ぐ。空襲、厳寒、カニバリズム、死の恐怖に、市民はいかに立ち向かったのか。新史料と生存者への取材により、「英雄と悲劇の物語」の真相に迫る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information