68年の思想: 現代の反-人間主義への批判

Front Cover
法政大学出版局, 1998 - 348 pages
フーコー、デリダ、ラカンなど68年5月革命の思想を担った思想家たちの反‐人間主義の背後にニーチェ、ハイデガー、フロイトの思想を読みとり、それらを自律的な主体を他律的な自我へと解体させる負の役割を担うものとして批判する。「現代思想」の再検討。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information