対象関係論に学ぶ心理療法入門: こころを使った日常臨床のために

Front Cover
誠信書房, 2015 - 263 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
本書は、さまざまな臨床現場で日常臨床に勤しむ普通の臨床家に向けて書かれた精神分析的な臨床の入門書である。とかく精神分析の臨床においては構造化された頻度の高い面接が要求されるが、今日の臨床状況は時代の流れと共に次第に多様な臨床のスタイルが求められてきている。その中で精神分析的な臨床が貢献できるとすれば、ひとのこころに対する「見立て」と「こころを使って」他者のこころを理解する臨床スタイルであろう。本書はそうした精神分析の特色を日常臨床に生かす内容となっている。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information