日中の120年文芸・評論作品選 3 侮中と抗日: 1937-1944

Front Cover
張競, 村田雄二郎
岩波書店, 2016 - China - 315 pages
盧溝橋事件を経て両国は全面戦争に突入する。「東亜新秩序」を掲げ宣撫をはかる日本と、民族の生存をかけて徹底抗戦の意志を固める中国。すべてをさらけ出す戦火の中、文学者たちは何を描いたのか。金子光晴、謝冰瑩、井伏鱒二、茅盾、吉屋信子、老舎、小林秀雄らの作品をとおして、殺戮と破壊のさなかに結ばれた日中の極限的な関係を見る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information