アメリカ帝国とは何か: 21世紀世界秩序の行方

Front Cover
ロイド・ガードナー, マリリン・ヤング
ミネルヴァ書房, 2008 - 362 pages
本書は、著名な歴史家が一堂に会して行われた討論集会の結晶である。世界的な広い視野に立ち、「アメリカ帝国」を比較の視座から時間と空間の両面においてとらえ直す一方、「帝国」を支えるいくつかの大前提にもメスを入れ批判的に吟味している。そして、イラク戦争は「アメリカ帝国」の抱える諸問題の氷山の一角にすぎないと主張する。その意味で本書は、イラク戦争の性格付けとその歴史的位置、さらには近年の合衆国の対外行動とその論理を考えるうえで、日本の読者にとっても時宜を得た啓蒙書となっている。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information