SS国家: ドイツ強制収容所のシステム

Front Cover
ミネルヴァ書房, 2001 - 504 pages
20世紀最大の偉業、ドイツの「過去の克服」はこの書籍から始まった―。強制収容所の創設、内部組織、収容された人々の受難、労働、拷問、刑罰、栄養、衛生状態、加害者SSの心理、囚人たちの心理など、ドイツの強制収容所とSS国家の客観的事実を、事実のままに赤裸々に示し、分析した本書はナチズム研究の最も基本的な文献である。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information