近代西欧社会哲学の精髄: ヘーゲル、マルクスからスピノザへ

Front Cover
彩流社, 2006 - 503 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
マルクス的に解釈された西欧社会哲学との訣別とスピノザ論によるその批判的のりこえマルクス主義から反マルクス主義への展開=転回を自ら開示し、思想と理論のバージョン・アップのあり方を示す。鷲田社会哲学、二十年の歩みを集成。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information