小林賢太郎戯曲集: home FLAT news

Front Cover
幻冬舎, 2007 - 217 pages
朗読のしあいがゲームとして成立する世界。自分の本の面白さを競うあまり、嘘の内容を読み始めてしまう(「読書対決」)。医者である父親から透明人間の薬を投与され、少年は実験材料にされていたが...(「透明人間」)。一度観たら必ずハマる、鋭敏な言葉、独特なリズム、予測不能な世界。どこにもない「笑い」を構築する「ラーメンズ」第一戯曲集。

What people are saying - Write a review

Review: 小林賢太郎戯曲集―home FLAT news (幻冬舎文庫)

User Review  - hatsu - Booklog

I read.(07/04/18) Read full review

Other editions - View all

Bibliographic information