全人的がん医療

Front Cover
日本死の臨床研究会
人間と歴史社, 2003 - Cancer - 316 pages
1970年代に登場した「死の臨床」という実践論は、日本の医療界に静かだが、重いインパクトを与えた。がん告知、疼痛コントロール、ターミナルケア、ホスピス、チーム医療などホスピスムーブメントの台頭を迎える。宗教的観点からみた死の臨床、死の臨床の基礎と実際、ホスピスの役割、医学の歴史における末期医療ほか、61事例を収録。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information