ハイブリッド・フィクション: 人種と性のアメリカ文学

Front Cover
開文社出版, Oct 1, 2013 - 370 pages
ニュー・ヒストリシストがアメリカ文学をこんなふうに読む?!アメリカの歴史は人種差別と性差別の歴史であったと言っても言い過ぎではない。本書は特に人種と性(ジェンダー/セクシュアリティ)に焦点を合わせて、「白人」「黒人」「男性」「女性」の作家たちが、アメリカ国家の本質としてのハイブリディティを、ハイブリッドな手法によって抉り出していることを論証する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information