18世紀ドイツ文学論集

Front Cover
三修社, 2001 - 439 pages
18世紀とはいかなる時代であったのだろうか。本書は、レッシングを中心にゴットシェット、ディドロなど「啓蒙主義時代」の文学の基本問題を扱った論文を集め、18世紀ドイツ近代文学の諸相を明らかにしたものです。各論文は相互に関連をもち、その一つ一つが“Baustein”の役割を果たしています。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information