三島由紀夫: 悲劇への欲動

Front Cover
岩波書店, 2020 - Life in literature - 259 pages
「悲劇的なもの」への憧憬と渇仰。それは三島由紀夫にとって存在の深部から湧出する抑えがたい欲動であった。自己を衝き動かす「前意味論的欲動」は、彼の文学を研ぎ澄ませ昇華させると同時に、彼自身を血と死へ接近させてゆく。衝撃的な自決から半世紀。身を挺して生涯を完結させた作家の精神と作品の深奥に分け入る評伝。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information