井上ひさしの言葉を継ぐために

Front Cover
人が生きる哀歓を、愛おしさをこめて小説に、戯曲に託した井上ひさし。彼が「けっして裏切れないともだち」と、最後までこだわったのが憲法九条だった―。2010年4月に急逝した井上ひさしを悼み、九条の会のメンバーが、痛惜の念をこめて語った人と作品。書籍未収録の講演録「原爆とは何か」も収録。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information