ロレンス短篇集

Front Cover
岩波書店, 1986 - 287 pages
金への妄執にとりつかれた少年の悲劇を寓話風に物語る「木馬の勝者」、夫を小気味よくあしらう若い女房の姿を軽妙なタッチで描いた「女房のたくらみ」など8篇を収める。リズムと色彩感あふれる文章にのったスピーディな筋運び、たくまざるユーモア。この一群の短篇に、読者はロレンスの思いがけない新鮮な像を見出すに違いない。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information