困ります、ファインマンさん

Front Cover
岩波書店, 2001 - Physicists - 355 pages
『ご冗談でしょう、ファインマンさん』につづく、ノーベル賞物理学者の痛快エッセイ集。好奇心たっぷりのファインマンさんがひきおこす騒動の数々に加え、人格形成に少なからぬ影響を与えた父親と早逝した妻について、そして、チャレンジャー号事故調査委員会のメンバーとしていかに原因を究明したか、その顛末が語られる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information