転換期のアジア資本主義

Front Cover
植村博恭, 宇仁宏幸, 磯谷明徳, 山田鋭夫
藤原書店, Apr 30, 2014 - Asia - 496 pages
植民地から第二次大戦後の解放、そして経済成長をへて誕生した「資本主義アジア」。グローバル経済の波をうけ、さらなる激変の時代を迎えるアジアの資本主義に、レギュラシオン理論からアプローチ。国民経済分析を中心としてきたレギュラシオンに、国際関係や世界経済の分析を重ね、アジア資本主義の実像に迫る。フランス・中国・韓国の研究者との共同研究。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information