中世人と権力: 「国家なき時代」のルールと駆引

Front Cover
八坂書房, 2004 - 266 pages
三権分立も、近代的「国家」も知らなかった時代、政権はいかに運営され、人びとの暮らしにどのような影を投げかけていたのだろう?―国制史と日常史を切り結ぶ画期的論考。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information