鳴海仙吉

Front Cover
岩波書店, Jul 14, 2006 - 549 pages
理論書『小説の方法』と同時並行的に執筆された伊藤整(一九〇五‐一九六九)の中期を代表する長篇。明確な方法意識に支えられた構成上きわめて実験的な小説で、詩、戯作評論、戯作講演、独白的手記、間接描写、戯曲形式の混合体となっている。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information