もし世界の声が聴こえたら: 言葉と身体の想像力

Front Cover
青土社, 2002 - 294 pages
世界は、如何なる歴史を背負いつつ、未来に開かれているのか。メルヴィル、ベケットからベンヤミンまで、文学・演劇・ダンスそして思想など様々なテクストに潜在し聴取を待つ世界の声。その繊細かつ豊かな声を逃がさず受信し、流動する現代の意味とメカニズムを透視する、思想的芸術論。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information