消費文化とポストモダニズム

Front Cover
恒星社厚生閣, Nov 10, 1999 - 167 pages
消費社会のルーツは何なのか、いかに消費社会は定義され分化していったのか、どの程度消費社会は「ポストモダン」な世界の到来を告げているのか?本書では、マイク・フェザーストンが、ブルデュー・ボードリヤール・リオタール・ジェイムスンといった現代の社会理論家たちの、消費とポストモダニズムに関する理論を検討し、彼らの理論を現代消費文化のリアリティの本質へと結びつけようとしている。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information