特攻の町知覧: 最前線基地を彩った日本人の生と死

Front Cover
光人社, 1997 - Chiran-chō (Japan) - 245 pages
飛行機もろとも自らの肉体を敵艦に四散させる体当たり攻撃・特攻―若き特別攻撃隊員たちは、最前線の特攻基地で「約束された死」の関頭に立って、何を思い願って出撃していったのか!逝く者、遺された者、それぞれに重い十字架を背負い、死を全うし、あるいは生きなければならなかった悲劇の歴史を、多角的に照射した感動の人間物語。日本文芸大賞ノンフィクション賞受賞。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information