名誉毀損: 表現の自由をめぐる攻防

Front Cover
岩波書店, 2009 - Libel and slander - 244 pages
名誉権と表現の自由は時として衝突する。そのせめぎあいをどう調整したらよいのか。インターネット上の誹謗中傷や、損害賠償の高額化といった新たな問題をどのように考えるのか。七つの事件をたどりながら、名誉毀損をめぐる法的な枠組みを分かりやすく解説。表現の自由が危機にあるという問題意識から、今後の裁判のあり方を考察する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information