社会的認知の心理学: 社会を描く心のはたらき

Front Cover
ナカニシヤ出版, 2001 - 283 pages
本書が真に目指すのは、われわれ人間の、社会に関する理解の過程とはどのようなものであるかを論考することである。そのための手段として、社会心理学の各領域における研究の方向性や方法が、認知的アプローチを取り入れることによってどのように変化し、どのような新しい知見が生まれたかに着目しながら、その意義を論じようというのである。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information