天皇制と軍隊

Front Cover
青木書店, 1998 - Emperors - 227 pages
兵士に対する抑圧と軍紀の強制、陸海軍の対抗と統帥権の独立を軸に日本軍隊の特質を分析するとともに、侵略戦争を容認し支持した天皇・宮中グループの動向を追究して、戦争責任の所在を鮮明に描く。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information